2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回


2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_21292819.jpeg
鉾立に着いても空の色は鉛色。予報とは違う空にガッカリはしたけれど、今は梅雨。雨ゼロパーセントだけでも、ヨシとしなきゃですね。

花火星人ご夫妻、fuuちやん、ニコラスと5名で鳥海山の笙ヶ岳に行ってきました。
車2台なので、鉾立から大平口に周回しました。
今回も長文です。ハイ。
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_21365249.jpeg
賽の河原はまだ雪の下。雪渓歩きはポールで目印がありました。
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_21395257.jpeg
まさに雪の上にカエル(帰る)
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_21412392.jpeg
対面の雪渓は河原宿方面。笙ヶ岳はその向こうになります。帰りはあちらの雪渓を歩きます。
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_21424919.jpeg
石畳は、少し荒れ気味。ここのところ頻発している自然災害のせいでしょうか。
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_21435101.jpeg
2時間程で御浜神社に到着。
ここから、イチゲ祭がはじまりました。花弁に紫が残っているのは咲いたばかりのハクサンイチゲ。
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_21461501.jpeg
岩にしがみつく姿も可愛い。
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_21470487.jpeg
お決まりの一枚と
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_21475086.jpeg
ハート
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_21483307.jpeg
ピキッ!と、目は開いてました。
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_21493375.jpeg
稲倉岳とお花畑。ミヤマキンバイは蕾。
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_21510481.jpeg
月山が見える。
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_22131812.jpeg
夏道と、
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_22145913.jpeg
雪渓を繰り返し
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_22154551.jpeg
振り向けば花畑と御浜小屋。
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_22164166.jpeg
新山がちかーい。\(^o^)/
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_22182384.jpeg
縦構図で、もう一枚。
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_22192978.jpeg
チングルマも初々しい。
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_22200999.jpeg
みんなの笑顔も初々しいのだ。
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_22175377.jpeg
で、ここで、この方と
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_22211197.jpeg
この方と合流。
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_22215536.jpeg
ヒナザクラはまだ、探してみつけるレベルでした。
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_22224919.jpeg
笙ヶ岳の三つのピークが見えます。手前から三峰、二峰、笙ヶ岳。
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_22241684.jpeg
ハクサンイチゲで、斜面が白く染まってますよ(//∇//)
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_22251894.jpeg
困った。足が、全く進まない!!
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_22255642.jpeg
先程のお二人は、小三歩さん、七歩さんご夫妻でした。先週、バッタリしてまたどこかでバッタリしましょうと、言って別れ、1週間後のバッタリでした。

もう1組、バッタリ。こちらは私のバッタリ率不動の1位のあの方でした。
話、弾みすぎて写真な無し。
イチゲ嗅覚はみんな同じ様ですね。
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_22300122.jpeg
笙ヶ岳に登る
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_22305135.jpeg
三峰の登りは、雪渓の直登。本日一番の踏ん張り所でもあるし、楽しみでもある。
雪が緩んでいるのでツボ足でも大丈夫でした。
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_22352111.jpeg
小三歩さんと七歩さん。
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_22360460.jpeg
二峰はイワカガミロード。そして、ピークからの眺めが
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_22370988.jpeg
すごい。
新山から千畳ヶ原までゼブラが続いてます。
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_22384174.jpeg
千畳ヶ原の木道と幸治郎沢も見えるよ。
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_22435470.jpeg
二峰からすぐの笙ヶ岳山頂は三角点のみがひっそりと置かれた花畑。
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_22454011.jpeg
マッタリとして、イイところです。
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_22470078.jpeg
小三歩さんと七歩さん、足上げに協力していただきありがとうございます。
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_22481642.jpeg
下山時は、ますます鳥海山が近くに見えて遠近感がなくなってきた。
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_22492750.jpeg
雪渓の下りといえばお楽しみがあるのですが、コースを間違えるとちょっと怖いなぁーーと躊躇してたら
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_22503796.jpeg
さすがの運動神経の持ち主、躊躇なく滑り落ちた。
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_22514043.jpeg
着地点ピッタリ。流石です。私はやりません、
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_22522575.jpeg
大平口分岐で、新山とはお別れ。
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_22525543.jpeg
未練タラタラで最後に黄色の一枚
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_22535378.jpeg
いつも横並びで歩く仲の良い小三歩夫妻。
もはや、星空のディスタンスな私らとはえらい違いだ。
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_22554036.jpeg
雪を伝って歩いたのであっという間の下山でした。
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_22563334.jpeg
花と雪で満たされて満点のお山でした。同行の皆様、情報くださった皆様ありがとうございました。
もうちょっと近かければ毎週通いたい。
2020/6/13 笙ヶ岳 象潟口から吹浦口周回_b0189948_22575679.jpeg
そこで、キャンプらてーと囁く御仁一名。キャンプ場を下見してから帰りました。

なんだかキャンプより、キャンプ場下見がたのしそうなキャンパーだ。




Commented by kyazu at 2020-06-17 08:44 x
あ~~~!
僕たちが行った時より花が多く咲いてる~~!
稜線ではチングルマやイワカガミは咲いてなかったぞーー。
チックショー!!

2週連チャンのイチゲ祭り
自粛のご褒美のような花まつりでしたね♪
Commented by doudekka at 2020-06-17 15:13
> kyazuさん
いやーー、おかげ様で、真っ盛りでしたて。
見応えのあるイチゲ畑でした。
蕾もまだまだ沢山でしたし、これから色々と咲くでしょうし、ほんと毎週通いたい山です。
情報ありがとうございました。

日帰り可能で涼しくて、静かな山のブログアップ、期待してお待ちしております。
チャンスがありましたら、ぜひご一緒させて下さいね。
Commented by 小三歩 at 2020-06-17 16:22 x
あいゃ~・・・^^;
ブログの一文 かなり”こそばゆい”ところがありますが・・・w

七歩の顔が 
?(゚_。)?(。_゚)?になったり
Σ(^∇^;) になったり 
((゚m゚;)アレマッ! こんなになってます(草)

同じ山に登りました?って言うくらい写真の出来が素晴らしいです

団体山行=(一列縦隊の)隊列歩行 
のイメージがありましたが、まるでファミリーハイキングと変わらない雰囲気にとても楽しさを感じました^^

また、ゆる~い山に、ゆる~い行程の時(ニコラスさんが参加されるようなw)ご一緒しましょう^^v


Commented at 2020-06-17 17:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by doudekka at 2020-06-17 22:01
>小三歩さま。
思いもかけず^ ^七歩さん、小三歩さんとご一緒できて、こちらこそ楽しかったです。
雪渓の直登の所で、少し心配したのですが、どうしてどうして、七歩さんのしっかりした足取り、さすがに百名山を色々歩いてらっしゃるだけのことはあるなぁと、お見受けしました。(ニコラスより長距離歩けますよ、きっと)

無理をすると、膝や腰にきてしまうし、ゆる〜いお山で、ゆっくり写真を撮りながら楽しむのが、アラ還の山歩き!
ぜひぜひ、ご一緒しましょう。
ゆる〜いお山ではないけれど、ニコラスと行く槍とか剱岳もご一緒できたらイイなと思っております。(今年は無理か。)

七歩さーん、こちらこそよろしくお願いします。また、ご一緒しましょ。\(^o^)/
Commented by 花火星人 at 2020-06-19 10:04 x
素晴らしい山行にお誘い頂き、感謝感謝です。
先週行って、アップして下さった師匠にも感謝です!

横から、小三歩さんへ。
団体行動が苦手な花火星人には、隊列組んで歩くなんてできっこありませんw
どこへ行っても、だいたいあんな感じに各々好き勝手に歩いてますよ(^^)
Commented by doudekka at 2020-06-19 13:15
>花火星人さま。
イヤイヤ!私がお誘いしてと言うより、あっち方面天気がいいよと背中を押してくれたのは花火星人さまでございます。 次はもっと北へですね。
移動制限完全解除で北の山も混雑しそうですね。気持ちとしては、もう、そんな事言ってる場合じゃないくらい花見に行きたい(失言か!)
Commented by 米沢W at 2020-06-22 23:25 x
いや~いいですねぇ。
でも、あそこまで登らないとこのお花畑にはお目にかかれないと思うと貴重ですね。31,1日に私も鳥海山を吉田ツアーに参加して登ってきました。ほとんどが雪渓登りでしたが雄大な鳥海山の景色は堪能してきました。私は、山の花を見ていいなと思う情緒は持ちあわていないと思っていたのですがあったんですよねw。似合わないですけどwww、自分にもびっくりですよ。
 いつか、大変でしょうけど、山ごとの花写真展でも開いていただければなと思います。あの一眼レフで撮影した花の写真をたくさん見たいですね。
Commented by doudekka at 2020-06-23 14:30
>米沢Wさま。
お元気でしたか^ ^ 岳ツアーも遠征登山も疎遠となってしまって、皆様の動向が気になっていました。

鳥海山は秡川からだったんですよね。山スキーの聖地を歩くという、シビれるツアーですよね。
花の時期には、そこのコースはチョウカイフスマが足の踏み場もないくらい咲くそうですよ。いーですねー。行ってみたいですね。
音楽を愛する情緒たっぷりのお方が、花を愛でないわけがない。私には花畑の中でウクレレを弾くWさんが浮かんで見えますよ。

吾妻縦走とか、ハチミネキレットとか、ココロザワつくツアーが沢山ありますが、目に見えない圧力があって今年はツアーはダメかな。
縁起でもないですが、第2波自粛でステイホームの時に山別花の写真編でブログアップもいいですね。

一眼レフより、iPhone 11の方が絶対キレイに撮れるのでなんだかなぁです。
また、お会いできる日を楽しみにしてますねー。

by doudekka | 2020-06-16 23:02 | 鳥海山・月山 | Comments(9)