2019/7/19~21飯豊山 その3 ダイクラ尾根下山

2019/7/19~21飯豊山 その3 ダイクラ尾根下山_b0189948_22522249.jpg


3日目にしてようやく晴れましたーー。
濡れたサポートタイツは、濡れたままですが(;ω;)   
履きましたー。



2019/7/19~21飯豊山 その3 ダイクラ尾根下山_b0189948_22535776.jpg

大日岳がスッキリ見えます。

2019/7/19~21飯豊山 その3 ダイクラ尾根下山_b0189948_22541819.jpg

あやっ、驚いた。なんと角田、弥彦、国上山がはっきり見える。右は佐渡。ビッグスワンまで見える。
2019/7/19~21飯豊山 その3 ダイクラ尾根下山_b0189948_22544815.jpg

越後駒ヶ岳、中ノ岳、荒沢岳、平ヶ岳、燧ヶ岳かな。
手前は何だろう?御神楽岳?
2019/7/19~21飯豊山 その3 ダイクラ尾根下山_b0189948_2255371.jpg

朝日連峰と月山、鳥海山。
2019/7/19~21飯豊山 その3 ダイクラ尾根下山_b0189948_2255344.jpg

とにかくどこまでもスッキリ見える。がんばったご褒美なのです。
2019/7/19~21飯豊山 その3 ダイクラ尾根下山_b0189948_2256818.jpg
今日はイイデリンドウは咲くかな。
2019/7/19~21飯豊山 その3 ダイクラ尾根下山_b0189948_22562481.jpg
ダイクラ尾根我見えてきた。ここを下るのね。
2019/7/19~21飯豊山 その3 ダイクラ尾根下山_b0189948_22565916.jpg
さー、出発。まずは御前坂を下ります。
2019/7/19~21飯豊山 その3 ダイクラ尾根下山_b0189948_22572588.jpg

昨日歩いた稜線。

2019/7/19~21飯豊山 その3 ダイクラ尾根下山_b0189948_2258417.jpg
こちらから眺める飯豊は新鮮。
2019/7/19~21飯豊山 その3 ダイクラ尾根下山_b0189948_22581855.jpg

宝珠山。ピークかどこなのか、いまだによくわからない。
2019/7/19~21飯豊山 その3 ダイクラ尾根下山_b0189948_22584522.jpg

足元は昨日の雨で滑りやすいし、ほぼヘツリ。緊張が続きます。
2019/7/19~21飯豊山 その3 ダイクラ尾根下山_b0189948_22591393.jpg

ヒメサユリの群生。
2019/7/19~21飯豊山 その3 ダイクラ尾根下山_b0189948_22593112.jpg

御前坂を振り返る。登って来たら最後のココを見て気が遠くなる事間違いなし!
2019/7/19~21飯豊山 その3 ダイクラ尾根下山_b0189948_22595065.jpg

名前のない岩場。眺めが良くて最高。

2019/7/19~21飯豊山 その3 ダイクラ尾根下山_b0189948_2301753.jpg

オオサクラソウもかなり咲いていたけれど、足場が悪くて写真がなかなかとれません。
2019/7/19~21飯豊山 その3 ダイクラ尾根下山_b0189948_2302969.jpg
こちらはハクサンコザクラ。
2019/7/19~21飯豊山 その3 ダイクラ尾根下山_b0189948_2304047.jpg
こちらはリーダー岳さん。いつもマニアックなツアーをありがとございます。
2019/7/19~21飯豊山 その3 ダイクラ尾根下山_b0189948_2305270.jpg

ようやく宝珠山の肩に到着。
2019/7/19~21飯豊山 その3 ダイクラ尾根下山_b0189948_231578.jpg

千本峰。

で。ここから小さなアップダウンを何度か越え休場の峰、そこから一気に激下って、桧山沢吊橋を渡った時は10時間経過してました。
2019/7/19~21飯豊山 その3 ダイクラ尾根下山_b0189948_2322454.jpg
やっと終わった感がハンパなかった。(これを達成感ともいう。)

実は吊橋までもうちょっとという所で、足の裏のマメが潰れてしまい、痛いのなんのって。いやぁシンドかった。
靴が濡れて靴下が湿ってしまったのが原因だったのか、両方の足の裏に、合わせて7箇所くらい出来てました。
2019/7/19~21飯豊山 その3 ダイクラ尾根下山_b0189948_2331983.jpg

ここまでショウキランの一枚の写真しかない事で、いかに大変だったかご想像下さい。

それでも、ダイクラ尾根を完歩出来て大満足。
吉田さん、サブリーダーの竹爺、オヤマノエンドウさん。連れてきてくれてありがとうございました。同行の皆様、美味しいものとパワー頂きました。ありがとうございます。
感謝感謝です。
2019/7/19~21飯豊山 その3 ダイクラ尾根下山_b0189948_23441100.jpg

今度は、太陽の眩しい日にサングラス掛けて、大日岳に挑戦したいと思います。できれば草月平の花があるうちに。

今回の山行での教訓。
2日雨でも、1日晴れるなら行くべし・・・
やっぱ、1日雨でも2日晴れるならに訂正。^_^;


教訓その2、W社サポートタイツよりcf3のほうが乾きが早い!

Commented by KORN at 2019-07-28 21:32 x
わらさんはじめまして。1年くらい前にご一緒した新潟のKORNです。去年の西俣で竹爺達とスライドしました、と言ったらわかるかな?
皆さま、濡れたダイグラをよく下りましたね!
あの方もあの方も。コメントせずにいられませんでした。滝のような梶川尾根、見えないカイラギ小屋、知ってます!
先日偶然見つけて、今回もですが諸事情・技術的に断念した岳さんツアーの様子を夢中で読みました。楽しい記事、またお願いします!
Commented by doudekka at 2019-07-28 23:06
>KORNさま。
KAORINさんですよね。覚えていますとも~~(^O^)
昨年の濁流のお姫様抱っこは、忘れられません。あの時も雨でしたね~~。
濡れたダイクラ尾根下山は、さすがに途中でねを上げそうになりましたが、終わってみればまたそれが快感に変わるという、岳ツアーの罠(?)にまんまとはまってしまいます。
今の時期、飯豊は花がいたるところで咲いていて、ものすごいキレイです。また、チャンスを見つけて飯豊に行きたいと思ってます。

また、お会いできることを楽しみにしています。
Commented by 花火星人 at 2019-07-29 11:19 x
ほぼほぼ修行(苦行?)でんがな・・・
花火星人は雨だとわかりやすくテンション下がるヒトなので
この行程をこの天候で歩けるって、尊敬に値します。

こないだ見れなかったイイデリンドウが見たいので
また飯豊行きたいと思ってるんですよね~。
日帰り範囲で、イイデリンドウ見れるオススメルート
ご存知ありません?
飯豊のベテランにご一緒頂ければ、なおヨシなんですが(^^)
Commented by doudekka at 2019-07-29 13:00
>花火星人さま。
いえいえ、荒行ではありましたが、苦行ではありません。こういうのシチュエーションの時って、なぜかハイになって楽しくなるもの。経験すると一皮も二皮もむけますよ。(足の裏はマジむけでしたが)
日帰りならば、今、頼母木山で咲き誇ってるらしいので足の松からピストンでしょうかねー。
行くとき誘って下さい。
by doudekka | 2019-07-27 22:50 | 飯豊連峰 | Comments(4)