2018/6/3~4 飯豊連峰 頼母木山・朳差岳(丸森~西俣)その1

b0189948_23441245.jpg

素晴らしい景色でした。
ハクサンイチゲは満開、どの花もみずみずしく花弁が透き通るようでした。
b0189948_23461126.jpg


b0189948_23463298.jpg

おまけに青空で風もなく、いつもはブンブン顔を振って撮らせてくれないイチゲちゃんが、今日はこちらを向いてくれてます。
b0189948_2347564.jpg

大石山からタモギヤマのハクサンイチゲの密集度も最高でした。
b0189948_2348586.jpg


2018年6月3日4日 飯豊連峰 頼母木山とエブリ差岳に行って来ました。丸森尾根から登って西俣の峰へ下山する周回です。
b0189948_23495032.jpg

吉田岳さんのツアーです。








b0189948_23523120.jpg

ここのハクサンイチゲの群生は、一度見てしまうと、毎年通ってしまう魔法にかかります。
なので時期になると、見頃はいつか、林道開通はいつか、天気はどうだ?

と情報取集に忙しい。

新潟側の足の松尾根を登るルートが一番近いのですが、そこへ通じる林道がハクサンイチゲの咲く時に開通するかどうかが、毎年ヤキモキするところなのです。

なので、だったら別尾根で登れば確実に登れる、と言うわけで
岳さんツアーで丸森尾根から連れて行ってもらおうという思惑でした。

(でもなんと金曜日の午後、奥胎内への林道が開通し新潟側から登れちゃったのよね〜。)
b0189948_23593962.jpg

で、丸森尾根ですが、丸森峰から先がこーんな雪渓です。
b0189948_23565287.jpg

相当気温の高い日にもかかわらず硬い雪の所もあり緊張します。

この日はつぼ足でしたが、先頭の岳さんがステップを深く切って歩いてくれたからです。アイゼンは必携との事。あと、ここは下りに使ったら登山道を見失いそうです。この時期はやっぱり難しいな。一人で来るのは無理!(ニコラスと二人でもムリ!)
b0189948_004229.jpg

b0189948_23573591.jpg

左に梶川尾根と続く扇の地紙。


雪渓が終わると、地神北峰に到着。
稜線に出るとこの景色ですよー。
b0189948_01416.jpg

二王子岳とミネザクラ
b0189948_013051.jpg

これから進む頼母木山・エブリ差し方面。やっぱ、飯豊はいいね〜〜。

地神北峰と頼母木山間の花畑は、ハクサンコザクラやチングルマ、ミヤマキンバイ、ウスユキソウとカラフルな花畑なのですよ。
b0189948_03064.jpg


b0189948_085951.jpg

ここが見れるのは丸森尾根から登ってきたご褒美のひとつ。
そして、早咲きのイイデリンドウ。
b0189948_0101625.jpg

先週も下見をしてくれたサブリーダ―の竹爺が場所を教えてくれました。

b0189948_0112735.jpg

花が咲いていると時間がたつを忘れます。赤いお屋根の頼母木小屋が今夜の寝床。

b0189948_0123985.jpg

佐渡ヶ島に沈む夕陽を見て、ワインで乾杯。静かに(?)1日目終了です。

写真が多くて・・・・珍しく 2日目に続きます。

ヤマレコやっぱ復活しなきゃ。
by doudekka | 2018-06-07 00:20 | 2018年の山 | Comments(0)

わらと申します。新潟発、ヤマノボリの記録です。山の話でもdouでっか。\(^^)/


by わら
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る