<   2015年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

弥彦山 2015/9/27

b0189948_20572354.jpg


あまり疲れなかった・・・・というのは大きな間違いで

どうやら、疲れを感じるのが、遅いだけだったようて、週末も山に行く準備はしたけど、体が動かない。
~~ごろごろ~~ごろごろ~~~。

こういう時は、いつもの弥彦山@634Mに限ります。ニコラスと二人。

b0189948_2121640.jpgb0189948_212313.jpg

b0189948_2172498.jpgb0189948_2174776.jpg
b0189948_218470.jpgb0189948_2181347.jpg
b0189948_2182273.jpgb0189948_2183028.jpg


珍しく山頂でランチしてきました。実は安達太良用に準備したパンをお山で食べたかっだけ。
b0189948_21135298.jpg


疲れ知らず×  疲れを感じにくい〇 気をつけよう
b0189948_2115790.jpg

by doudekka | 2015-09-29 21:55 | 2015年の山 | Trackback | Comments(2)

栗駒山 2015/9/22

b0189948_23301227.jpg
さすがに外寝も4日目となると慣れてくるのか寝坊。車中泊だったので寝起きでも、すぐ出発出来るので問題はなし。
b0189948_23305562.jpg
ニコラスが一番楽しみにしていた栗駒山に登ります。いつになくニコラスはテキパキしてます。
メインの中央コースのいわかがみ平は、豪雨災害で通行止めだったので須川コースを選択したのですが、こちらもなかなか火山感たっぷりで、いい感じですよ。
b0189948_23312515.jpg
b0189948_23313857.jpg
b0189948_23314780.jpg
ただ、ガスで展望はなし。(涙)
b0189948_23322954.jpg
山頂へ行ったら宮城側から沢山の人が登って来ました。シルバーウィークには間に合わせて開通したようです。
b0189948_23324445.jpg
山頂から眺める宮城側、さすがにメインコースのこちらはスゴイですね。一面の紅葉です。ガスがかかってはいるものの午前中は陽の当たるこちらの斜面がステキそうです。東栗駒コースの方が展望もよく登山道らしくていいとの情報を頂く。じゃ、次はそちらから登って見ようと、すっかりまた来る事にしてました。
だって、中途半端にこの紅葉を見せられたら、私の心のガスも晴れない(いい事言う^^;)
b0189948_23331460.jpg

寒い中、我慢するももうタイムアップ。下山です。

ガスが切れた瞬間を狙って、シャッターを押す。なのでなかなか進まない。
b0189948_23341984.jpg


b0189948_23354094.jpg
下山してきたら青空がでで来ました。想定内。今山頂にいる人は歓声をあげているんだろーなぁ。ちょっと悔しい。
b0189948_23361333.jpg
これから新潟まで秋田を回って帰ります。こちらから帰ると高速代もかからないので、やっぱり須川温泉から登って正解です。(これが一番大きい。)

「こうなったら、青空の日、須川温泉から登って中央コースを下山、東栗駒コースを登り返して秣岳を下りて来るってなじら。」とか、帰りの車で来年の話をしながら無事帰宅しました。
栗駒周辺のキャンプ場も見つけてきましたし。^ ^

東北の山々を点々とした4日間でした。どこもみんなステキな場所で感動しました。キャンプ場もいい所ばっかり。

早寝早起き適度な運動、の実に健康的な毎日は、あっという間に終わっちゃった。今度はじっくり歩きたいですね。裏岩手縦走、栗駒山縦走、体力の持つうちに何とかやり遂げたいものです。

ボス、相談なんですが、盆と正月休みは要りませんので、紅葉のこの時期に10日間ほど休ませて頂けないでしょうか。

b0189948_23382336.jpg

終わります。
山の話はヤマレコで。

本日の経費
温泉1400円
高速 1520円
4日間のお土産、食事、コンビニ代含めず。ガソリン一回給油

by doudekka | 2015-09-27 23:41 | 2015年の山 | Trackback | Comments(8)

三ツ石山 2015/9/21

b0189948_17571199.jpg


さて、朝陽で紅く染まった岩手山を後に向かった先は、網張温泉の奥の林道終点。今日は紅葉で赤いと思われる三ツ石山に登ります。
b0189948_17581551.jpg
東北百名山、紅葉が岩手で一番早いとの情報は収集済みです。
b0189948_17585828.jpg
遠征3日目にして、やっと青空ですよ。
b0189948_17592431.jpg

と、期待通り、赤ですよ。(≧∇≦)
b0189948_1759521.jpg
緑の絨毯ですよ。(≧∇≦)
b0189948_1822098.jpg

昨日八幡平から眺めた畚岳(もっこだけ)方面をまさに反対側から眺めてます。畚岳にソックリな山が小畚山(こもっこやま)。
小畚山までは往復3時間。行きたい気持ちが湧いてきますが、欲張った予定を立ててるので、行けません。
八幡平から眺めたこちらを、今度はこちらから眺める。岩手山に繋がる道も、秋田駒に繋がる道もみんな見えるんだもの。スゴイ大きすぎるわー。
b0189948_1825281.jpg
紅葉だけの情報でこの山に辿り着きましたが、これは裏岩手縦走路のまさに下見じゃないですかぁ。
なんだか運命を感じます。
b0189948_1832393.jpg

実は私の人生最初の山歩きは、八幡平の焼山から始まってるのだ。呼ばれてるよね。絶対。

と、スピリチャルな何かを引きずりながら、午後はまた、移動。
b0189948_1844157.jpg

ここで水を補給し、コンビニで弁当を買って、
b0189948_1845822.jpg
この赤いお山のある温泉地に到着です。
b0189948_1853422.jpg

今日は車中泊。車が狭いので寝苦しいなぁ〜と思っているうちに爆睡してしまいました。
b0189948_1871531.jpg


続きます。

山の話はヤマレコで。


本日の経費
高速 2000円
温泉1200円

by doudekka | 2015-09-26 23:30 | 2015年の山 | Trackback | Comments(4)

八幡平 2015/9/20

b0189948_23315730.jpg


一晩中、激しい雨と風でしたが、予報では7時くらいから雨は止むはずです。

でも、止まない。(泣)
b0189948_23323469.jpg


〜ん。さてどうしたものか…

ここまで来たのに八甲田山を諦めるのも、もったいないなぁ。でも登っても何も見えないしなぁ…

と、迷いながらとりあえずビジターセンターに行ってみると・・・
(@_@;)なんだぁコリや〜ってくらいの車の数と多数の登山者。大型バスもドンドンやって来ます。
この天気でこの人数。渋滞間違いなし。はい、撤収決定!

酸ヶ湯キャンプ場にまた来る機会ができたとポジィティブに考えることにして、八幡平へ向います。山を降りたら晴れてました。
b0189948_2334523.jpg
後生掛温泉と大沼キャンプ場の下見をしたかったので、アスピーラインは秋田側から入ったのですが、
b0189948_23352353.jpg
うぁぁ。ここもクルマを停める場所もない。シルバーウィーク、恐るべしです。
b0189948_23354314.jpg
それでもレストハウス駐車場は、まだまだ余裕があって助かりました。…えっ、もしかして有料のせいか…?(隣は無料駐車場)

b0189948_2336317.jpg
観光客と登山者とごちゃ混ぜですが、さすがに眺めは素晴らしいです。岩手秋田の山々の連なりが美い〜。
b0189948_2336188.jpg
山頂は^^; 高層湿原にありがちな趣でしたが、こういう山は縦じゃなく横で見なきゃですからね。横に広がって解放的なのだ。

b0189948_23374811.jpg
楽しいよー。

b0189948_2338158.jpg
気持ちいいよー。

アスピーラインのなかった時代に深田さんはどうやってここに入ったのだろう?

b0189948_23394683.jpg

私はレストハウスの向こうにある、カッチョいいお山が気になってしかたがなかった。
畚岳(もっこだけ なんと漢字変換できました)です。真っ直ぐ伸びてる登山道に呼ばれてる気がします。

さて、これからお宿探し。検索して見つけた「岩手山焼走り国際交流村キャンプ場」に行ってみます。岩手山への登山口(焼走りコース)があります。
b0189948_23405353.jpg
ここも素晴らしく快適なキャンプ場でした。
安い(ひとり300円)。温泉あり。お食事何処あり。そして、生ビールあり。\(^o^)/
b0189948_23415783.jpg

岩手山が近い。だって、ここは焼け走りコースの登山口ですから。そりゃ、登りたくもなります。

「明日は岩手山に登ってみる?」ってなにげに誘導するも、

「あんなデカイ山はムリ。膝がもたない。…てか、クーラーボックスがナイんだけど?」

ガーーーン。酸ヶ湯キャンプ場に置いて来てしまいました(泣)
そんな負い目もあって、それ以上プッシュする事もできず、予定通り明日は軽めのお山に行く事にしました。
b0189948_23431410.jpg
朝の岩手山は紅く染まってキレイだったぁ。3日目は絶好の登山日和となりそうです。
続く。
山の話はヤマレコで。、
b0189948_23441165.jpg


本日の経費
高速1280円
駐車場500円
キャンプ場600円
温泉1000円
他、酒と食事で4000円強(予定外)

by doudekka | 2015-09-25 23:45 | 2015年の山 | Trackback | Comments(6)

岩木山 2015/9/19

b0189948_2223917.jpg

二人揃っての5連休なんて、冠婚葬祭でもないと取れないんだけど、今年はニコラスもシルバーウィークは休めるらしく、実現できそうだ。
というわけで、めったにない5連休なら秋は朝日連峰縦走しかないだろう〜\(^o^)/ と決めてましたが・・・

ニコラスの急な休暇日の変更と、膝の都合により、縦走は危険との判断で、東北温泉巡り、プラス楽チンな山限定ツアーに急遽変更しました。
ということで、9月19日~9月22日、東北の山へ行ってきました。ニコラスと二人。
b0189948_2235425.jpg

出発は金曜、仕事が終わってから23時15分発の日本海フェリーで新潟港を出発。朝5時50分秋田港着。そこから車で3時間。岩木山8合目に10時30分到着です。
b0189948_2291973.jpg

岩木山には申し訳ないけれど、ここはスカイラインとリフトを使えば1時間弱で山頂を踏めちゃうお手軽なお山なので、移動日にはもってこいなのね。雨でもここならとりあえず登っちゃう。
b0189948_2295728.jpg
b0189948_221031100.jpg

晴れてれば北海道が見えるのに残念だなぁ〜と呟いたら、ニコラスが、えええ、北海道?(O_O) って、マジ驚いたのに、私は驚いた。ねぇ、どこに来てるのかわかってないでしょう?

b0189948_2211589.jpg

さて、ここから、今日の宿泊地、酸ヶ湯キャンプ場までは、1時間ちょっと。岩木山神社に寄ったり、弘前のイオン(ここまで来て、イオン)に寄ったりしながら向かいます。
b0189948_2212443.jpg
イヤぁ。酸ヶ湯キャンプ場は素晴らしいですよ。
安いし、静かだし
b0189948_22125866.jpg
b0189948_22131125.jpg

b0189948_22151927.jpg

トイレと洗面所とランドリーが管理棟の中にあるのでめちゃくちゃ快適。暖房便座だし。やたら広い炊事場には、テーブルがあるから、テントだけあれば、その下で食事(宴会)ができるのだ。

でも、せっかく持って来たので、タープと焚き火台を出して、とりあえずキャンプらしさを演出してみた。(ワザワザという気もするのだか、ニコラスがえらい張り切る)
b0189948_22195799.jpg

まぁ、久しぶりに、こういうのも楽しいし、懐かしかったり、ちょっとしみじみしたりしたけど、話もないから、飲むだけ飲んだらすぐに寝ました。
b0189948_22233863.jpg

酸ヶ湯温泉も、メッチャ濃い温泉で、日帰り客の帰ったあとだから空いてるし(混浴ですが女性専用時間もあります。) 、お肌スベスベです。

ここは雰囲気が最高。申し分なし。
あんまりいいところなので、明日、八甲田山を下りた後も、ここにもう一泊しようと決めて、眠りにつきました。この時、星と月がキレイだったので、明日のお天気は大丈夫と確信していたんだけどね〜〜
続きます。
b0189948_22241680.jpg

山の話はヤマレコで^^;
b0189948_22153254.jpg


本日の経費
日本海フェリー 11,720円
高速代 1,800円
スカイライン1,600円(JAF割り)
リフト1,640円
キャンプ場1,500円
温泉1,000円
結構かかかった

by doudekka | 2015-09-23 22:32 | 2015年の山 | Trackback | Comments(6)

シルバーウィーク 速報

b0189948_2243516.jpg


あれあれ、気が付いたら7日からずーーーっと更新していなかった・・・(汗)。

2週間、昼も夜も(?)働いて、やっとこさ、取れた連休で、行って来ました。

東北4日間の旅。

今回は、ニコラスの膝の調子が怪しいということで、キャンプと温泉・・・ついでにお山となりましたが、いや~~、東北の素晴らしさ再認識であります。


ヤマレコでなく温泉レコですが、ぼちぼちアップしたいと思ってます。
まずは、後片付け!
by doudekka | 2015-09-22 23:09 | 日々の事 | Trackback | Comments(4)

祝瓶山 2015/9/5

b0189948_2122794.jpg

おどろいた。おどろいた。すっかり季節が変わっていておどろいた。

家の中で雨があがるのを待ってるうちに山はすっかり秋となっていました。
今週末も、期待叶わず、天気はイマイチ。予定では以東岳リベンジだったのだけれど、さすがにリベンジは確実なお天気にしないとね。じゃないとご縁のない山に認定されてしまうもの。
b0189948_21241980.jpg
という事で、以東岳の見える日帰りできる、ここ祝瓶山@1417mにやってきました。朝日ライナーさん、S-waraさん、it'sさん、リーナちゃん、ニコラスの6人です。
b0189948_21234686.jpg
白太郎山と大朝日岳から見えた、スッとした三角錐のカッコイイお山がここ祝瓶山。一度は登ってみたかったのです。

ひたすら登りますが、腿上げ度数は飯豊より低めの優しい急登でした。ドンドン高度を稼げる山は結構好きです。
b0189948_2134189.jpg

あの酷暑の山行(鹿島槍)がトラウマとなっててガチガチに凍ったペットボトルや日よけの手ぬぐいとか、暑さ対策ばかりして来ましたが、山頂までしっかり凍ったままのペットボトルだった。(途中お湯を足して溶かす)

汗もほとんどかかず、立ち止まると寒いくらい。山は実にあふれ、葉の色も明るくなって、もう秋でした。
b0189948_21251724.jpg
青い空を期待していましたが、空はどんより。
b0189948_21254994.jpg
b0189948_21255626.jpg
以東岳、朝日岳は雲の中。山頂の360度の絶景は、一瞬だけれど200度位は見えたかな。

b0189948_2127181.jpg

そうそう、今回はnewザックのお試しでもあり、避難小屋泊装備で来ました。シュラフ・バーナー・クッカー含め10キロ。

この重さなら、担ぎ心地も全くモンダイなく、一安心。しゃがんで花の写真も撮れるぞ。
ただ、ザック自体の生地が薄いので(そこそこ丈夫なんだろうけど)、パッキングの下手さが目立つ事と、飴ちゃんを入れるポケットがないのはちょっと不便でした。(ポケットパンパン。)
b0189948_21301022.jpg

さて、さて、今日からシルバーウィークまで休みがありません。
でもシルバーウィークは久しぶりの5連休なので、相当はりきっているので、、、法則が発令しないことを祈るばかりです。
そうそう、自分のザックの軽量化に集中する余り、全くお裾分け系を、持っていかなくて皆さんのおやつ、おかず、を貰いまくって、食いまくってゴメンなさいでした。反省。
b0189948_21312038.jpg


ヤマレコしました。
by doudekka | 2015-09-07 21:37 | 2015年の山 | Trackback | Comments(4)

わらと申します。新潟発、ヤマノボリの記録です。山の話でもdouでっか。\(^^)/


by わら
プロフィールを見る
画像一覧