<   2013年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

月山・・・オレンジ色でした。

b0189948_1743420.jpg

リフト終点9:30→10:10牛首→10:50月山神社→12:30牛首→13:00姥が岳→13:30リフト
9月27日金曜日 月山@1984M に登ってきました。
つれあいと二人。
月山スキー場からリフトを使って登れるラクチンコースです。
b0189948_17451338.jpg

二人の平日の休みが同じ日。
天気予報も降水確率0%の晴れ。

これはお導きでしょうと、急きょ山に行く事に決定。

休日割引の使えない平日、高速無料区間を使って行ける懐に優しい月山を選んだのもお導き。

b0189948_17465999.jpg

三条燕インターから3時間ほどで月山スキー場に到着。
b0189948_17471957.jpg

なんだか、厚い雲に覆われて景色が今ひとつじゃないですか。
風も強いし。

それでも、回復する事を信じて9時30分、リフト終点を出発。
b0189948_17473612.jpg

なんだかカーテン越しに景色を見ている様でイライラします。シャーッと開けてんかい。
b0189948_17481877.jpg

山頂に近づけば、こんどは障子戸かっつーくらいガスって何も見えません。
b0189948_17484548.jpg
b0189948_17485484.jpg

おかげで山頂までノンストップでした。
b0189948_17595078.jpg
月山神社で就活成就と恋愛成就と学業成就をお願いし、ランチをしながらガスが切れるのを待ってみますが、青空は一瞬だけ。
b0189948_17493693.jpg

それにしても、風が冷たい。
温かい食べ物でも追いつかないほど身体はどんどん冷えていきます。
b0189948_17494919.jpg

たまらず下山。

ちょうど正午をすぎた頃です。
b0189948_1750640.jpg

おおお晴れて来ましたよー。
カーテンが開きはじめましたよー。
b0189948_17503695.jpg

いやぁ美しい。
オレンジ、あか、ミドリ。
b0189948_1751021.jpg

もう、景色が素晴らしくて足がすすみません。立ち止まっては、その場でぐるりとひとまわり。
b0189948_17511891.jpg

歩いてきた道がはっきり見えます。
b0189948_1751407.jpg

これから向かう道も。
b0189948_18242034.jpg

b0189948_19173396.jpg
景色はつねにレースのカーテンがちらつきますが、それもまた景色が動いている様で楽しい。
b0189948_17522391.jpg

リフト乗り場の赤い屋根が見えて来ました。着いた時には気づかなかったけれど、こんなに色ついていたのね。

13時30分着。リフト乗り場到着。

b0189948_17543958.jpg


帰りは、つれあいの目的地、道の駅あつみに寄って帰りました。

ってそこは平日。目的のブツはなかった。ここには導かれていなかったようです。


紅葉は思いのほか早く進んでいました。なんかあせっちゃうね。
b0189948_1755257.jpg


週末の絶好の山日和の日が仕事っちゅうのもお導きなのか。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

ご訪問いただきありがとうございました。おかげさまで今日も一日何とか過ごせました。
こんなランキングに参加しております。
ここをぽちっとお願いします。↑↑↑↑

by doudekka | 2013-09-28 17:54 | 2013年の山 | Trackback | Comments(10)

ガス 時々 紅葉

b0189948_22434759.jpg


めずらしく、平日の休みが同じ日だった。
おまけに降水確率0%058.gif

こんな偶然めったにないよね。

って事で急遽、紅葉狩りに行って来ました。

詳細は後日。
b0189948_22461184.jpg

山の天気はわからないなぁ。

b0189948_2247432.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

ご訪問いただきありがとうございました。おかげさまで今日も一日何とか過ごせました。
こんなランキングに参加しております。
ここをぽちっとお願いします。↑↑↑↑

by doudekka | 2013-09-27 22:47 | 2013年の山 | Trackback | Comments(2)

蓮華温泉から白馬岳 その3

b0189948_22575876.jpg


マロンとチーズケーキです。
b0189948_2257355.jpgb0189948_22584167.jpg

もちろん、有名なスカイプラザ。
b0189948_2312681.jpgb0189948_22593740.jpg

この景色を眺めながらのこの高級感。
b0189948_2333610.jpg

コップのお水が飲めるなんて。(感動はそこか)   思わす持って帰りそうになりました。

絶対、ケーキセットなんて頼まないでしょう的なおじさん達もシアワセそうにケーキを食ってた。いい空間です。
b0189948_2322915.jpg

白馬山荘からは、思い出の頂上山荘テント場がみえます。前回は見上げてたんだよね。

やっぱり見上げるより見下ろす方が気分がいい。
さらにその先、杓子岳、白馬鑓、さらにその先まで見えます。

「次は鑓温泉まで。その次は唐松まで行ってみる?」「行く行く」

って、もうすでに心は下山後の温泉に行ってるのがみえみえのつれあい。

鑓温泉から唐松までは、なかなか大変なんだから。
それでも、いつか、さらにその先もいつか。夢は広がります。
b0189948_2372131.jpg

おや、偶然今日の手袋はこれですよ。ネタを仕込んだわけではありません。

11時位までには大池に帰りましょう。
b0189948_2374656.jpg

b0189948_23894.jpg

基本下りが多いのでラクチンです。

b0189948_239172.jpg
b0189948_239187.jpg

帰りは柔らかい日差しに照らされた紅葉が美しい。来るときとはまた違った景色が楽しめます。

b0189948_23102952.jpg

おっ、縦縞。
坂の上の雲のあたりはこの辺でしょうか?
実は、歩いている時はすっかりそのことを忘れてました。今になってあわてて写真を見返す残念な私。
b0189948_23155025.jpg
b0189948_2316171.jpg


赤はこれですね。
b0189948_23165871.jpg

ありました。フナコシの頭。
b0189948_23181559.jpg
b0189948_23192812.jpg

11時白馬大池着。

着いたとたんに霧で真っ白。何も見えなくなりました。
いきなり、カーテンを閉められた様でした。

景色の見えない中をモクモクと下山し蓮華温泉で入浴し帰路に着きました。
b0189948_2320228.jpgb0189948_23203667.jpg

疲れ果てて、露天風呂に入るテンションは萎えてしまっていたので内風呂でした。
今考えるとちょっと残念。

b0189948_2324152.jpg

でも、こんな景色の中に入ってこれて大満足。

長いおつきあいありがとうございました。なんたって、写真がおおいもんで(汗)


下山途中、膝が痛くなりました。
荷物が重いせい?歩き方のせい?一過性だといいんですが・・・・。
で、次の日弥彦に。やっぱり痛かった(:_;)


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

ご訪問いただきありがとうございました。おかげさまで今日も一日何とか過ごせました。
こんなランキングに参加しております。
ここをぽちっとお願いします。↑↑↑↑

by doudekka | 2013-09-25 23:11 | 2013年の山 | Trackback | Comments(8)

蓮華温泉から白馬岳 その2

b0189948_19534116.jpg


うひょ〜〜〜

なにがスゴイって、撮った写真の枚数がすごい。500枚越えてます。

b0189948_19535758.jpg
b0189948_19542837.jpg

朝4時出発。周りの皆さんもほぼ同じ頃出発。
当然、御来光をみるためです。

日の出時間は5じ40分。うまくいけば小蓮華山頂あたりで見れるかな。
b0189948_19553079.jpgb0189948_19554635.jpg


5時をすぎるともうだいぶ明るくなりました。

今どのへんにいるのかわかりませんが、風があたらずそこそこ見晴らしのいい場所を選びそこで待つことに。すぐ先のピークに人が大勢いますね。あそこが小蓮華?


お山も明るく染まってきました。
b0189948_19575048.jpg
b0189948_19581190.jpg


うひょ〜。来たよ来たよ。
b0189948_19583624.jpg

キタぁ〜♪───O(≧∇≦)O────♪

5時38分。御来光。
あたりが赤く染まります。
b0189948_19585993.jpg

やっぱり、小蓮華山頂でした。
b0189948_19591192.jpg

コースタイムが2時間ですが、実際1時間30分ほどで到着しました。
b0189948_19595553.jpg

北アルプスが一望できます。
富士山も。
これから歩く稜線もキレイです。
b0189948_200942.jpg

b0189948_2011923.jpg

6時30分、三国境
b0189948_201310.jpg

b0189948_2013721.jpg

雪倉岳、朝日岳の道がクッキリ。遠くに朝日小屋も見えます。
果てしなく遠く感じるけど、でもいつか、歩こう。

b0189948_201586.jpg

とりあえずは、目的の白馬山頂を目指します。
b0189948_2021846.jpg

なかなかアップダウンのある道が続きます。
b0189948_2024722.jpg

でも、アップするたびに見える稜線の美しさに楽しみな方が大きく疲れしらず。
b0189948_203526.jpg
b0189948_2031546.jpg

あら、あれか。
b0189948_2033394.jpg

7時。白馬岳山頂着。
b0189948_203454.jpg

やっとここに来れた。リベンジできました。
b0189948_204693.jpg
ウレシい。景色もスゴくてメチャウレシい。

あっ、船越の頭で写真撮るの忘れてた。あったか?
名前に食いつくアルビサポ。



続きます。長くてスミマセン。
何たって写真がおおい(汗)



b0189948_2043074.jpg

ダースベーダもウレシいって。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

ご訪問いただきありがとうございました。おかげさまで今日も一日何とか過ごせました。
こんなランキングに参加しております。
ここをぽちっとお願いします。↑↑↑↑

by doudekka | 2013-09-24 20:08 | 2013年の山 | Trackback | Comments(6)

蓮華温泉から白馬岳 その1

b0189948_1858496.jpg

9月21.22日 白馬岳@2932Mに登って来ました。つれあいと2人。

先週とはうってかわって、エライいいお天気の連休。
つれあいは最終日が仕事なので行っても一泊。

身体の疲れは山で取るとしても、給料日前の懐具合が悪い。


でも北アルプス方面に行きたいなぁ。


ありました。
蓮華温泉ルートで大池泊。
翌朝、白馬岳までピストンして下山。

駐車料金タダ。大池は水タダ。テン泊ひとり500円。生ビールなし(ここ重要)。
コースタイム3時間。標高差900M、ビールは担いでいけばヨロシアル。

これなら、給料日前でもなんとか行けそう。

初日は白馬大池までだから、連休前の残業で帰りが遅くなってもゆっくり出発できるし、翌日の白馬までは空身で行けるし、、、、あ〜それいい^ ^
b0189948_18593555.jpg

で、10時登山口出発です。
駐車場がゲキ混みしていて、ちょっと時間を取られましたが、
2時間30分でここまでこれる新潟人の強み。
b0189948_18595739.jpgb0189948_1901757.jpg

11時30分。天狗の庭。
ここ、蓮華温泉ルートは展望はあまりないのですが、ここでみる朝日岳、雪倉岳だけで十分です。

ランチは最近ブームの食パン。
b0189948_1911488.jpgb0189948_1912324.jpg

セブンランチでがす。
セブンの食パンにセブンの生ハム、マヨネーズ、ピクルスをはさんで食べます。

最近の山食はほとんどセブンで調達だ。
b0189948_1921544.jpg

コースタイム通り13時30分。
白馬大池が見えて来ました。
b0189948_1923457.jpg

いきなり、広場に出る感じなこの景色。
あっ、そうだよ。ちょうど一年前でした。
一年たって、実現してる。進歩か進化か。
b0189948_1961556.jpg


華やかなテン場、鮮やかな大池山荘
b0189948_1943930.jpgb0189948_1954941.jpg


メルヘンな風景にうっとりします。
b0189948_1964629.jpgb0189948_197525.jpg


b0189948_1975340.jpg

って、振り向けばテント増えてるし、もたもたしていないで私たちも早く場所を確保しませう。


青空ですが、陽差しは柔らかく過ごしやすい。やっぱり秋ですね。
つれあいは昼寝。私は散策。
b0189948_1982418.jpgb0189948_1983681.jpg

って、この風景。
b0189948_1993182.jpg

山の中ですから。海じゃないですから。

大池から振り向けば…ドエライ事になってます。まさに歩く所がない状態。
b0189948_1995758.jpg
b0189948_19102571.jpg

この時で30張りのテンバに120張り(数えた)
普段は、テント禁止の大池前も解放されました。
我が家のテントも見つけにくいわ。

鍋を忘れてきて、持ってきたセブンの冷凍ラーメンが食べられないという…一瞬険悪な空気も漂いましたが、
b0189948_19173456.jpg

b0189948_1917438.jpg
b0189948_19181537.jpg


素晴らしい夕陽の前に、そんなちっちぇえ話はしまいました。

こんなに混み合ったテンバでも7時を過ぎると人の声もせず、静かに夜を迎えました。


皆さん、朝早いんでしょう。
我が家も早立ちです。

続きます。
b0189948_19182385.jpg

そういえば山のテン場でマナーの悪い人って見たことない。(いるのか?)


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

ご訪問いただきありがとうございました。おかげさまで今日も一日何とか過ごせました。
こんなランキングに参加しております。
ここをぽちっとお願いします。↑↑↑↑

by doudekka | 2013-09-23 18:57 | 2013年の山 | Trackback | Comments(12)

秋山に行って来ました。

b0189948_21372739.jpg

身体も懐もまだ癒えてないのですが、

身体と懐に優しいお山に行って来ました。
つれあい仕事のため一泊です。

さすがに、毎週2泊では、実の親にも実の子供にも言いにくいから、ちょうどよかったかな。

天気にも恵まれ最高な景色を堪能してきました。

b0189948_21415054.jpg


詳しくは後日。

リベンジも果たした。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

ご訪問いただきありがとうございました。おかげさまで今日も一日何とか過ごせました。
こんなランキングに参加しております。
ここをぽちっとお願いします。↑↑↑↑

by doudekka | 2013-09-22 21:41 | 2013年の山 | Trackback | Comments(2)

涸沢デビュー・・・その3

b0189948_225553.jpg

たとえどんな状況であっても眼下に迫る涸沢のテン場の夜景はキレイでした。



朝起きたら予定通り雨。
想定内ですが、気は思い。

まだ、薄暗いのですがテントの土間で朝ごはん。ドマがあるテントは雨の日最強だと思います。
b0189948_2284696.jpg

朝の涸沢ヒュッテ。下山する人、山頂を目指す人で混みあってます。

5時30分。下山を始めたら雨は止みました。
さらば涸沢。また来る日まで。
紅葉か、青空の日にまた。


横尾を目前に雨は強くなって来ました。
でもここまでくれば傘をさせます。
b0189948_2211152.jpg
b0189948_2218366.jpg

雨の上高地も雰囲気がよろしいじゃあーりませんか。傘が似合うね。
ボーっとした景色にザックと傘の色がキレイです。

ただ、変わらず荷物は重い。
b0189948_22203144.jpgb0189948_22211040.jpg

本日の予定その1
徳澤のソフトクリーム。
と徳澤園見学。
b0189948_2235941.jpg

黒光りした梁に歴史を感じます。一度泊まってみたいねぇ。

予定その2
喜門次小屋のイワナの塩焼き。
b0189948_22244656.jpgb0189948_22251921.jpg

焼く人、撮る人、
b0189948_2225451.jpg

頭からガブリといってください。

予定その3
b0189948_22272721.jpgb0189948_22263922.jpg

穂高神社と明神池。

などなどしっかり上高地を満喫し、バスセンターに到着しました。

もうザックを担がなくてイイと思ったこの瞬間が最高でした。(そこかいっ)



帰りはつれあいの念願だった白骨温泉(そこかいっ)、泡の湯に寄り、無事帰路につきました。
b0189948_22282057.jpg

こちらのコースを登れる日は来るんだろうかと思いをはせ

展望の涸沢と上高地散策をたっぷり楽しんできました。

やっぱり行ってよかった。


b0189948_2229862.jpg

観光コースのデカザック率高かったよ。みんな考えること同じやね。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

ご訪問いただきありがとうございました。おかげさまで今日も一日何とか過ごせました。
こんなランキングに参加しております。
ここをぽちっとお願いします。↑↑↑↑

by doudekka | 2013-09-18 22:11 | 2013年の山 | Trackback | Comments(8)

涸沢デビュー・・・その2

b0189948_238945.jpg

みごとな石畳。
さすが涸沢。
b0189948_2393253.jpg



雄大な景色。
さすが涸沢。
b0189948_23103434.jpg


洒落た感たっぷり。
さすが涸沢。
b0189948_23115516.jpg


と、やたら感心しながら、ここにいる自分に酔っています。
b0189948_2312128.jpg

やたらハイな気分でテント設営も笑顔でチャッチャッと終了。
b0189948_23153611.jpg

笑顔のピークはもちろんこれ。
b0189948_23125569.jpg

乾杯。
まさにこの一瞬の為にここに来ました。
涸沢ヒュッテのパノラマ食堂。
b0189948_2314433.jpg
b0189948_23141954.jpg

いやぁウマし。なんちゅうシチュエーション。たまりません。

b0189948_23151519.jpg

見える景色全部、行ってみたいです。

「いつかは槍からここまで来ますか?」

飲むと気も大きくなります。(奥穂高登頂がなくなったので、大口を叩ける自分)

何時間でも居れそうですが、涸沢小屋にも行かないと。

なんたって涸沢を楽しめるのも時間が限られてますから、行動は計画的に。
b0189948_23191381.jpgb0189948_2319890.jpg

涸沢小屋はソフトクリームと奥穂登山口下見。
b0189948_23211579.jpgb0189948_23212626.jpg

涸沢小屋から見る景色も素晴らしい。
b0189948_23274097.jpg


ザイデングラードが間近に見えます。なんだか壁に見えるねぇ。登っている人も見えます。
b0189948_23221576.jpg

「俺に登れると思う?」
ここに来て真顔で質問するつれあい。

…あーやめてよかった。


テンバに戻って、再び涸沢を満喫し、陽が沈むとともに眠りに落ちました。



はずなのに…まさかの腹痛で目覚めた私。
モーレツな勢いで暗い石畳を走ル、ハシル、はしる。

さすがの涸沢でよかった。


b0189948_23182539.jpg

続きます。


常念でなくてホントよかった。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

ご訪問いただきありがとうございました。おかげさまで今日も一日何とか過ごせました。
こんなランキングに参加しております。
ここをぽちっとお願いします。↑↑↑↑

by doudekka | 2013-09-17 23:08 | 2013年の山 | Trackback | Comments(4)

涸沢デビュー・・・その1

b0189948_17375983.jpg

上高地BC5:45-徳沢7:50-横尾9:10-本谷橋10:20-涸沢12:20
9月14.15日 涸沢@2300Mに行ってきました。
ツレアイと山トモの4名。

実はこの連休は、奥穂高に行く予定をたててました。

なのに、台風が発生。それも、行く前日に発生するというタイミング。

奥穂高はあきらめ、予報を見ながら行ける所まで行く事にしました。
最悪、白骨温泉に入って日帰りに変更もあり。
b0189948_17385927.jpg


新しい第3駐車場からタクシーで移動。上高地バスセンターには5時30分につきました。

台風なんかなんのその。大勢の登山者で溢れています。
みなさん、台風が来るんですよ〜。わかってますかぁ~~。
b0189948_17401755.jpg


上高地は2度目です。まだ平湯トンネルも無かった時代に飛騨側から吐きそうになりながら(車酔い)バスで入りました。
あれからウン十年。デカイザックを担いでまさかこの地に立とうとは..遠い目。
b0189948_17405530.jpg


5時40分出発。
険しい顔の穂高岳の面々を見ると、奥穂高に行けなくなって実はホッとしました。
まだまだ私の登れるレベルの山じゃなかった。
b0189948_17412665.jpg

奥穂高登頂のプレッシャーから解放され、上高地散策を楽しんでますが、それにしても、みなさん、早足だなぁ。ザッザッザッってどんどん抜かれる。
平たい道に飽きてきた頃、徳沢着。
b0189948_17422315.jpg

台風は明後日直撃。今日はまずますのお天気。明日の昼までに上高地に戻ることにして涸沢を目指します。
ここまで来たらイクシカナイッテ。
b0189948_1743427.jpg

パノラマコースへの新村橋をちょっと渡って下見をし

歩く事1時間。
b0189948_17441495.jpg

b0189948_17445061.jpg

ようやく横尾に到着。槍との分岐です。槍方面に向かう人も大勢です。
b0189948_17453681.jpg

槍ヶ岳のみなさんも明日には下山完了でしょう。なかなかハードですね。

b0189948_174652.jpg

あと3時間。長いよね。
b0189948_1747355.jpg

さすが人気の登山道。美しく整備された道は歩きやすい。

歩きやすいけど、横尾までの長い距離を歩いた疲れなのか、股関節あたりが変に痛い。
同じ筋肉ばかり使のがいけないのかと、ウチ股とガニ股を繰り返す不思議な歩き方を試してみます。


登山道は段差の少ない実に優しい道です。
b0189948_1751645.jpg

1時間で本谷橋。
ここから、急登が始まります。

でも、相変わらずの優しい登山道でした。登り始めたら股関節の痛みが消えた。

樹林帯を抜けた頃、
b0189948_1752733.jpg


あっ。穂高岳山荘が見えましたよ。下に見えるのは涸沢小屋ではなく、涸沢ヒュッテですね。
b0189948_17523965.jpg

分岐を涸沢小屋方面に向かい、しばらく行くと・・・見えた〜テント。
この、テントが見える瞬間が好きです。

憧れの涸沢につきました。

続きます。


台風が来てるのに、寝不足なのに、まったくあきれた人たちだ。
って言ってる?


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

ご訪問いただきありがとうございました。おかげさまで今日も一日何とか過ごせました。
こんなランキングに参加しております。
ここをぽちっとお願いします。↑↑↑↑

by doudekka | 2013-09-16 17:31 | 2013年の山 | Trackback | Comments(8)

それでも行ってきた。

b0189948_2327504.jpg


急な台風で、どうしようか迷っている時間もなく、とりあえず行ってみましたが

無事、乾杯できました。


予想通りピークは踏めず、予想通り雨にたたられましたが・・・。

それでも、

b0189948_23321346.jpg


楽しく乾杯。

近くて遠いあの山頂にいつかと思いをはせてきました。

詳しくは後日。

いちばんは、無事帰ってきたことに乾杯かな。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

ご訪問いただきありがとうございました。おかげさまで今日も一日何とか過ごせました。
こんなランキングに参加しております。
ここをぽちっとお願いします。↑↑↑↑

by doudekka | 2013-09-15 23:39 | 2013年の山 | Trackback | Comments(6)

わらと申します。新潟発、ヤマノボリの記録です。山の話でもdouでっか。\(^^)/


by わら
プロフィールを見る
画像一覧