<   2013年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

点から線へ 西蒲三山(角田山・弥彦山・国上山)縦走

b0189948_14295859.jpg

3月30日(土)曇りのち晴れ
西蒲三山を縦走してきました。会の山行です。39名

わらの住んでいる燕市からは写真のように国上山・弥彦山・角田山をすべて見渡せるビューポイントが普通にあります。手前は蒲原平野 。山のむこうが日本海。
b0189948_1453393.jpg
b0189948_1454766.jpg


角田山・弥彦山・国上山を総称して西蒲三山と呼ぶそうです。これは山の会に入って始めて知った。

そう、これは山塊。なのに、生活しているなかでは、3つの独立した山という意識だったんですねぇ。

この山塊の稜線を端から端まで縦走する。
入会してこんな企画があることを知り、それは驚きました。
え、歩けるの?繋がっているんだっけ。

いずれ時期がきたら挑戦しよう。と思いました。
いずれ・・・といいながら、無謀にもこんなに早く挑戦してしまった。これじゃ、我慢のできない子供と一緒。
だからがんばります。


朝5時、まだ暗い中、角田浜駐車場を出発。なんたって12時間近く歩きます。
本日は、雨の心配はなさそう。花も見ごろらしいし、ポジティブ要素たっぷり。
元気に行きましょう。

(歩けなかったら下山してタクシーで帰ろうとネガティブ要素のお金もたっぷり持ってきた)

宮前登山口を出発(5:26)   角田山山頂(6:41)  朝食 角田山出発(7:05)
b0189948_1456553.jpg

b0189948_14563876.jpg


多宝山着(11:35 )  
弥彦山着(12:10)  昼食休憩 弥彦発(12:40)
b0189948_14443198.jpg

雨乞山着(13:55)
b0189948_1448740.jpg
b0189948_14481820.jpg
b0189948_14482819.jpg
b0189948_14484152.jpg

国上山着(16:10)

下山終了16:30
歩いた歩いた。途中詳細は略。

登りでホッとする不思議。(下りは速いの。)

総距離24キロ。
総行時間11時間30分。

歩き通しました。

未踏だった、樋曽山に行けて満足。花の山でした。スカイライン側がすばらしい。
b0189948_14582252.jpg
b0189948_14583125.jpg
b0189948_14584181.jpg


なんだか影の薄い多宝山。(弥彦山の双二峰だからしょうがないっちゃぁしょうがない)
でも岩室側からは、もうちょっと陽あたりがよくて歩きやすいといいんだろうけど。
b0189948_1459996.jpg

お花も咲くだろうし・・・観光地弥彦とありのままの角田山の中間というびみょーな立場をあらわす山ですな。

自分的に楽しかったのは、国上山に向かう黒滝城跡から剣ヶ峰分岐あたり。
午後になって陽がさして気温が上がったのか、ここからが花の見せ場でした。カタクリがキレイだった。
b0189948_1501956.jpg
b0189948_1503141.jpg

ピンクの雪割草もあったよ。
そろそろくたびれてきた時間帯にドーパミン注入でありがたかったな。
泥んこ急登、その後広場、そして花。M的登山は、好きです私。
b0189948_1505368.jpg

b0189948_1511112.jpg

国上山に着く頃には海が夕日で光っていました。

国上山からの最後の下り、頭の中といえば

「生ビール・生ビール、早く生ビール」

と・・・・結局そこか。


身体と本能に磨きをかけた耐久登山でした。
b0189948_1532248.jpg



痛んだハートにはヤマノボリ
痛んだ身体には生ビール



いや別に、ハートは痛んていません。
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

ご訪問いただきありがとうございました。おかげさまで今日も一日何とか過ごせました。
こんなランキングに参加しております。
ここをぽちっとお願いします。↑↑↑↑

by doudekka | 2013-03-31 14:29 | 2013年の山 | Trackback | Comments(6)

西蒲三山 全山登頂に挑む

b0189948_20161530.jpg


総距離24キロ
総時間11時間30分



総摂取カロリー
ミスド4つ、オニギリ3つ、カップラーメン半分・スポーツ羊羹1つ、アミノバイタルゼリー1つ…チョコ、キャラメル、飴、煎餅、フルーツ数えきれず。


とりあえず、歩きとおすことができました。

疲れた。足がパンパン。

今日は酒飲んで寝ます。
詳しくは後日。

b0189948_20274484.jpg


お花に励まされました。

にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

ご訪問いただきありがとうございました。おかげさまで今日も一日何とか過ごせました。
こんなランキングに参加しております。
ここをぽちっとお願いします。↑↑↑↑

by doudekka | 2013-03-30 20:15 | 2013年の山 | Trackback | Comments(0)

なんかすいません。

b0189948_2322185.jpg
このところ、アクセス数が増えてます。

どうやら、「高校生」「男子」「弁当」でたどり着いたフシがありますな。季節ものです。
せっかくたどり着いたのに、すっかり山ブログですみません。
b0189948_23231478.jpg


でもわかります。これから始まる弁当生活に不安を感じるお母さんの気持ち。

早起きして、早く家を出る子供に、絶対持たせなきゃあいけないというプレッシャー。

運動会、遠足弁当でも、一大事だったのに毎日なんてどーしよー。
b0189948_23232728.jpg


わかります。
私も、そうでした。

で、男子3人、夫1人の弁当をかれこれ作り続けて、きた結論。

b0189948_23242418.jpg



あるだけまし、黙って食べろ

ですかね。


偉そうで、なんなんですが、ちょっとアドバイスなど。

その1
色なんてどうでもいいんです。
茶色一色でも大丈夫。
プチトマトやサラダナで緑だ赤だ、なんて考えたって、食べる男子は見た目なんて気にしません。
運動部朝練男子は早弁ありなんで、かきこんで食べるし。眺める暇なし。
b0189948_23254319.jpg



その2
野菜なんて家で食べさせればいいんです。
とにかく肉。肉だけでも喜びます。
チャーハンと唐揚げなんて、めっさ喜びます。
b0189948_23352713.jpg



その3
毎日同じオカズでも気にしない。
所詮、毎日なんだから、同じ様になって当たり前。クレームがきたら違くすればいいんです。


b0189948_23262595.jpg


こんなところでしょうか。



それでも、プレッシャーで不安がいっぱいのお母さん。




ブログを始めたらいかが?



b0189948_23265311.jpg



弁当生活も懐かしくなる今日この頃。
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

ご訪問いただきありがとうございました。おかげさまで今日も一日何とか過ごせました。
こんなランキングに参加しております。
ここをぽちっとお願いします。↑↑↑↑

by doudekka | 2013-03-26 23:29 | 弁当 | Trackback | Comments(0)

人の花も咲きました の弥彦山女子会登山

b0189948_20284185.jpg

3月24日日曜日
春を感じに弥彦山@634Mに行ってきました。初心者(自称)レディス4名
b0189948_20291983.jpg

オンナばかりで春の妖精に会いに行く。
久しぶりのシチュエーションっす。

登山口は八枚沢。妻戸尾根から雨乞尾根。自称初心者達には初めてのコース。10時にして車が溢れてます。
b0189948_20293784.jpg

今日のメンバーは私含め女子4名。

ジョギングが趣味で富士山登頂歴のある、自称初心者ヨッキー

北ア、数回経験したことのある自称初心者マユ

飲み屋で隣合わせになり、着いてきた謎の山ガール、自称初心者ミッチ

皆さん。よろしくね。
b0189948_20302958.jpg

エヘヘ
ギャボ
ンフ
ホホホ
ウフフ
b0189948_20321216.jpg


とガールズトークが弾みます。八枚沢って結構キツイと思うけどゼンゼン問題なしね。このメンバー。
b0189948_20312412.jpg

春の妖精達に囲まれ、オヒサマにつつまれ気分もさいこーよ。
b0189948_20313720.jpg

山っていいねぇ。
ねぇ、月一でのぼりましょう。しよ、しよ、定例会。


名前は、、妖精会、略して…よーか い

ダメらな。
b0189948_20372750.jpg

じゃ、雪割会…なんだか…ダメらな。
b0189948_20373822.jpg

チーム弥彦・・・ひこがいやだな。
b0189948_20375285.jpg

まぁ、そのうち、ひらめくでしょう。


本日の弥彦山山頂は四方八方人人人。
b0189948_2038440.jpg

雪割草やカタクリ、オーレン、マンサク花もいっぱい。ひともいっぱい。笑顔もいっぱい。

弥彦山は賑やかが似合う山。
ウェルカムウェルカム的姿勢に観光地の意気込みを感じます。
イイね〜そのいさぎよさ。
弥彦っ子だねぇ

おっ、ひらめいた。
チーム 弥彦っ子
どうでしょう。……枝豆みたいだ。却下。

こんなヤマノボリも楽しいね。

飲み屋でナンパしてきたミッチ。
なんと山歴8年。越後駒ひとり登山経験ありの猛女子でした。
b0189948_20385934.jpg

まったく、オンナの自称初心者ってあてになんねぇなぁ。(すっかりオヤジ目線の私)

次回までチーム名考えとくよ。
またいこーね。


とりあえず私を師匠と呼ぶのはやめてください。

にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

ご訪問いただきありがとうございました。おかげさまで今日も一日何とか過ごせました。
こんなランキングに参加しております。
ここをぽちっとお願いします。↑↑↑↑

by doudekka | 2013-03-24 20:33 | 2013年の山 | Trackback | Comments(6)

守門大岳  雪山ヤマ友 ラスト登山

b0189948_21374680.jpg


保久礼小屋までが遠い。

3月20日春分の日
守門大岳@1432Mに登って来ました。いつもの4名

新潟を離れる事となったヤマ友とのラスト登山は、「これぞニイガタの雪 守門大岳 大雪庇登山」に決定。

気持ち通じたのか、南魚沼は一日晴れマーク。気温も高め、風もない。

それでも、遭難事故が起きたばかりの守門大岳。気を引きしめて準備万端で挑みます。
b0189948_21382468.jpg

6時登山口スタート。
すでに6台ほどの車。
山スキーの人ばかりです。
けれど明らかにできたばかりの足跡がついています。先行者がいるようでホッとしました。

若干潜るもツボ足でOK。
景色は、同じ新潟かと思う位分厚い雪におおわれています。


b0189948_21384010.jpg
2時間ほどで保久礼小屋に到着。
ここまでが長い。夏道であればここまで車で入れます。まさに豚の角煮でした。最初に名付けた人はナイスです。
b0189948_2139542.jpg

保久礼小屋から山頂まで標高差500Mほど。
ここからは、丸い山形のピークが目に入ります。
b0189948_21402646.jpg
先が見えるから、すぐに着きそうな錯覚に惑わされハイペース気味。なかなかの直登に息もキレマス。
b0189948_21403215.jpg

風も強くなって来ましたが、春の風です。凍えることはありません。

b0189948_2141254.jpg

そして、この素晴らしい景色。
b0189948_2142151.jpg

そして山頂。



こやをこえ
くもをこえ
そらをこえ
わたしはいつまでものぼってゆける



最後までツボ足でした。
b0189948_21422990.jpg

思わず、みんなを置いて駆け出してしまった私。
早くおいでよ~~~。



ひゃ〜すごい景色。
b0189948_21425685.jpg


b0189948_21432332.jpg
b0189948_21434479.jpg

越後三山

その山頂は、丸い。広い。
いつも家から眺める守門岳のイメージとは違います。

おっと、いくら広くたって雪庇の張り出しもあるから気を抜けません。

b0189948_2144939.jpg

遠くに弥彦山

b0189948_21442481.jpg

粟ヶ岳。

b0189948_21454710.jpg

ベテランらしき人物を見つけては、後を着いて回ります。(ゴメンなさい) で質問攻め。(すみません)

これでも、雪庇は落ちてしまったらしい。

b0189948_21432473.jpg


中津又コースから眺める雪庇に期待して来ましたが、こちらへ行った登山組はいないらしく、トレースもない為諦めました。スキー組はゆっくり降りて行きましたけど。
かれこれ1時間位、山頂にいましたね。
b0189948_21435043.jpg

時計を見る事を忘れさせてくれる居心地の良さ。
長靴の足の冷たさに、時間がだいぶ経ったことに気づかされ、下山しました。
b0189948_21484897.jpg

b0189948_2149213.jpg


気温が高いせいか雪がどんどんゆるくなっています。ワカンをつけました。
ツリーホールに落ちない様慎重に下山。

帰りも保久礼小屋から駐車場までが長かった。緊張の連続で疲れました。

疲れて時間を見る事を忘れた為、コースタイムも不明。
ここらへんがシロウトですね。

雪の山で春を感じて来た一日でした。
アニバーサリーになったかな。
b0189948_2134296.jpg

はるのひととき
わたしはかみさまと
しずかなはなしをしてきた



守門に記念品を置いてきちゃったヤマ友。
忘れられないアニバーサリーになっちゃったね。

にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

ご訪問いただきありがとうございました。おかげさまで今日も一日何とか過ごせました。
こんなランキングに参加しております。
ここをぽちっとお願いします。↑↑↑↑

by doudekka | 2013-03-21 21:36 | 2013年の山 | Trackback | Comments(2)

サヨナラ雪山・サヨナラ山友

b0189948_19423243.jpg
b0189948_19423984.jpg


3月20日 お彼岸。
転勤で新潟を離れる山友の送別登山。

行けて良かった。
晴れてくれてありがとう。

とりあえず、後日詳しく。

寝不足のためダウンっす。
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

ご訪問いただきありがとうございました。おかげさまで今日も一日何とか過ごせました。
こんなランキングに参加しております。
ここをぽちっとお願いします。↑↑↑↑

by doudekka | 2013-03-20 19:46 | 2013年の山 | Trackback | Comments(2)

白太郎山  BECAUSE THEY ARE THERE

b0189948_2141451.jpg


はい、目を開けて。

まるで、催眠術で目隠しをほどかれたあとのような感覚。
山頂に着くと飛び込んで来る朝日連峰といったら…

3月17日 快晴 白太郎山@1002M 会の山行でした。
b0189948_21412950.jpg


30名越えの大所帯。山スキー部隊も一緒です。空は突き抜けるような青空。
b0189948_21415579.jpg


スキーで降りてきたらさぞかし楽しいだろうと思われる斜面が多い。
息がきれても、追っかけてくる飯豊連峰に励まされ急な斜面をワシワシ登ります。
b0189948_21435673.jpg

それにしても、追っかて来る飯豊連峰の美しいこと。
白が濃い。あちこちから、飯豊の素晴らしい山行の思い出ばなしが聞こえてきます。
b0189948_21442814.jpg

新潟人はやっぱ飯豊にいかなきゃならんのだわ。と思いを強くもちます。
b0189948_21445176.jpg

景色ばっかり見ていては置いていかれます。
b0189948_2150304.jpg
b0189948_21504189.jpg
待ッテクレ。

b0189948_21471230.jpg

と、3時間で山頂。360度眺望はそりゃ見事。

山頂は無風。ポカポカ陽気。
無邪気に雪を丸めて投げたりしてしまう。空にはあっちこっちの方角に飛行機4機が乱れ飛ぶ。
ご飯を食べる時間も勿体無い。景色にひたっていたい。
で~~~んと朝日連邦。
b0189948_21501016.jpg
b0189948_21482544.jpg


b0189948_21485684.jpg

祝瓶山。遠くに蔵王らしき山。
b0189948_21495683.jpg

帰りは鷲ケ巣山、頭巾山に向かってGO。
ああ素晴らしい景色。


あんな山も、こんな山もイッテミタイ。


イケルヨ。なぜならそこに山があるから

あっ、聞いたことあるよ。

山は逃げないから、焦らずね。
と、そんな声も聞こえた気がした。



それにしても、美しい景色を見た後に見る、家の中の汚さには・・・これが本当の催眠術が解けた瞬間。
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

ご訪問いただきありがとうございました。おかげさまで今日も一日何とか過ごせました。
こんなランキングに参加しております。
ここをぽちっとお願いします。↑↑↑↑

by doudekka | 2013-03-18 21:42 | 2013年の山 | Trackback | Comments(6)

一期一会の角田山

b0189948_145283.jpg


3月16日 
昨日の雪割草に気をよくして、
ならば咲いているだろうと行ってきました
角田山@481M。3名。

b0189948_145408.jpg

今年の春は早い。

期待通り咲き始めておりました。
花を撮るのは難しい。
b0189948_146359.jpg
b0189948_1462835.jpg
b0189948_1463645.jpg




写真はそこそこにして、咲いていることだけを楽しみましょう。


b0189948_146533.jpg



こんな小さい花でも春の訪れを感じさせる力はなんて大きいのか。


本日はなんと高校の同級生と不思議なご縁で再会できました。
卒業以来30数年ぶり・・・・。

One lifetime, one meeting. 

ありがとう。


直訳すぎやしないか

にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

ご訪問いただきありがとうございました。おかげさまで今日も一日何とか過ごせました。
こんなランキングに参加しております。
ここをぽちっとお願いします。↑↑↑↑

by doudekka | 2013-03-16 22:10 | 2013年の山 | Trackback | Comments(2)

弥彦山 八枚沢から

b0189948_1724276.jpg


ひとりで黙々と登っているとさ、
b0189948_17364325.jpg

さっきまで悩んでいたあんなことやこんなことがどうでもよくなったり
b0189948_1734934.jpg



反対に、どーでもヨイコトをつきつめて考えはじめたり
b0189948_1729159.jpg



そうかとおもえば、なんにも考えず、ただ青いソラにむかってノビたり、
b0189948_174840.jpg


オヒサマの空気をおもいきり口にふくんだり、
b0189948_1771953.jpg



そんなしてると、いつの間にか頂上につく。
b0189948_1742988.jpg


上等なひとりっきりを過ごせるのが弥彦山。
贅沢なリラクゼーション。

b0189948_175434.jpg

3月15日 本日も好天につられ午後トレ。
弥彦山@634m 八枚沢登山口から妻戸尾根・雨乞尾根を歩いてきました。
雨乞尾根の木は楽しい。
b0189948_177640.jpg


雪割草は登山口近くにチラホラ。
妻戸尾根は山頂まで700M地点で残雪があります。
b0189948_1741947.jpg

雨乞尾根は雪はなく、カタクリが咲くのを待つばかりです。

久しぶりの土道。なぜが歩きづらかった。(雪道に慣れすぎた)

にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

ご訪問いただきありがとうございました。おかげさまで今日も一日何とか過ごせました。
こんなランキングに参加しております。
ここをぽちっとお願いします。↑↑↑↑

by doudekka | 2013-03-15 17:17 | 2013年の山 | Trackback | Comments(2)

シュラフ購入

b0189948_22384423.jpg

シュラフ買いました。

本日、山行中止の為、買ってしまいました。(変ですか?)

モンベルのU.L.スーパースパイラルダウンハガー#3

これを買うことは、外で寝るぞの決意表明でもあります。

50過ぎて、まさかこの分野に足を踏み入れるとは思わなかったけれど、ある意味年齢と戦かっている気もします。

今シーズンは、何回使用できるのか、楽しみでもあり、一度も使わず…いや、一度しか使わず落ち込むのか恐ろしくもあります。

でも、もう、買ってしまったもんなぁ〜〜(西田敏行風に)


下に敷くマット、パタパタにするのか、ひゅ~~にするのか検討中。どちらが良いのか、詳しい方教えて下さい。
b0189948_22394966.jpg


伸びます。つれあいは楽しそうです。
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

ご訪問いただきありがとうございました。おかげさまで今日も一日何とか過ごせました。
こんなランキングに参加しております。
ここをぽちっとお願いします。↑↑↑↑

by doudekka | 2013-03-10 22:36 | 山の道具 | Trackback | Comments(2)

わらと申します。新潟発、ヤマノボリの記録です。山の話でもdouでっか。\(^^)/


by わら
プロフィールを見る
画像一覧