2017/5/3~5 青里岳

b0189948_12495877.jpg

えーと。
忘れないうちにメモメモ。

黒い軍手は日焼けする。
登山靴は浸みる。
いくらウールでも濡れた靴下を乾かすと臭い。
雪の上は下から冷える。
3日間サポートタイツを履いたまま寝てもどうってことない。
3日間着たままでもどうってことない。
酒は濃いに限る。
ガスにも寒さ対策を。
唇にも日焼け対策を
アルファ米でも米は米。やっぱり力の源は米。
ナイフよりハサミ

5/3.4.5と川内山塊、矢筈岳に挑戦してきましたが、青里岳で撤退しました。
いっちゃん、IKさん、fuuちゃん、リーナちゃん、ニコラスと6名。






b0189948_1325445.jpg

同じ職場の山専マダムこと、いっちゃんから矢筈岳に行かない?と誘われた。

えええ。矢筈っすか・・・。
登山道がなく、残雪を踏みながら藪を漕ぎながらしか行けないマイナー12名山のひとつ矢筈岳。エキスパートな人しかたどり着けない川内山塊の主峰…
b0189948_1344669.jpg

「大丈夫よ。2泊すれば行けるよ。」と明るく言われた。何だか彼女に言われると本当に行ける気になるから不思議。
b0189948_1351898.jpg

いっちゃんは、過去2回挑戦しているがまだピークを踏めていないそうで、挑戦したいらしい。
何だか話終わる頃にはすっかり行く事になっていた。
b0189948_1353948.jpg

ほんとのところGWに3日間晴れが続くなんて思わなかったし、たぶん中止になって、どっか別の山で一泊くらいだろう…なんて思っていたので、完ぺきな晴れ予報に、慌てた。
b0189948_137119.jpg

新潟百名山ゲッターのあの二人にも声をかけた。
矢筈岳に行った事のある、経験豊富なIKさんも同行してくださることになった。
日曜日に七郎平まで水場の確認とビールをデポしに行った。
と、着々と準備が進んだ訳です。

なので、どうあがいても15キロを超えてしまうザックを担いでなんとか藪を漕ぎ、
b0189948_13265750.jpg

五剣谷の急登を登りきった時に見えた
b0189948_137348.jpg
景色の素晴らしいこと。
疲れが吹き飛ぶ。(様な気がしただけ)

そして、矢筈岳が遠すぎで悲しくなった。

途中、たまたま会ったいっちゃんのお友達から情報をもらう。
矢筈岳往復に11時間30分かかったそうである。
・・・なかなかキビシイけど頑張って ・・・と励まされるが、この時点であきらめた。

だって
明日は割岩山に登ってから下山するんだ~~って。

こんなエキスパートな人達で11時間30分・・
割岩山を見てもらわないと分かりにくいと思いますが・・・・。

b0189948_1393458.jpg

翌朝4時、軽いザックで矢筈岳を目指すものの、藪に阻まれて青里岳に着いたのは7時30分だった。撤退には早い時間だけど帰りの時間を考えたらピークには到底たどり着けない。
b0189948_1314513.jpg

もう歩きたくないニコラスと私は青里岳で待つ事にし、他のメンバーは進める所まで歩いてみることになりました。
b0189948_13153438.jpg

頑張ればP990くらいなら行けるんじゃないだろうか…みんな頑張って。と思って、矢筈岳をへの尾根を眩しく眺めていたら、あれっ、もう戻って来ましたよ。

青里岳直下がなかなかの難所で、諦めたそうだ。

じゃ、せっかくの絶景を楽しみましょうとみんな揃ってコーヒータイム。(山頂乾杯用ビアもある)
b0189948_1316328.jpg


矢筈岳の後方には守門岳・浅草岳、魚沼の山々。
b0189948_1324163.jpg

反対側には粟ヶ岳。
b0189948_13241650.jpg
粟ヶ岳から堂ノ窪山。毛石山からは灰ヶ岳、と辿って来れば青里岳に来れると教えてもらう。

そんな人、なかなかいないよ~。と言ってたら、その後に4人、そーいう人にお会いしました^^;
b0189948_14103624.jpg

2日かかってここまで来たのに、白山、弥彦角田も近くに見えて。なんか、距離感おかしすぎて笑ってしまう。
b0189948_13245890.jpg

その後はテン場に戻り
b0189948_13252845.jpg

ゆっくり焼肉宴会、
b0189948_132693.jpg

粟ヶ岳に沈む日を感慨深く眺め大冒険も終わりました。
b0189948_13263025.jpg


矢筈岳は遠くて、そんな簡単に行ける山ではありませんでした。
b0189948_13272410.jpg

青里岳から見た矢筈岳で十分です。もう目指すことはないでしょう。手の届かない山で終わりにします。

b0189948_13291780.jpg

登山道があることに感謝して

b0189948_13294764.jpg

無事下山しました。

b0189948_1330995.jpg

いっちゃん、fuuちゃん、リーナちゃんはまだまだ挑戦をするそうです。
そういう所、見習いたい。

b0189948_13305260.jpg

ヤマレコしました。
トラックバックURL : http://doudekka.exblog.jp/tb/26842087
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 花火星人 at 2017-05-09 14:29 x
とてつもなく濃いGW山行でしたねー。
新潟の山ヤですが、花火星人は行かない山だなぁ(^_^;)

こちらのGW山行もアップしたいんですが
例によって、大量の画像の取捨選択がね、、、
Commented by doudekka at 2017-05-09 21:49
>花火星人さま。
ひと気のない山の中でテント泊もなかなか快適でした。

とりあえず、17キロを担いで10時間は歩けましたので、夏のテン泊は大丈夫そうです。
ギンザなテン泊山行、アップ楽しみにしてますよ~~。
Commented by cyu2 at 2017-05-11 20:53 x
またしてもどこのお山かさっぱり解らなくてごめんなさいなのですが、
エキスパートの人しか行かない山にチャレンジするわらさんはカッケ~と思います!
ゼブラ柄の山々、山深くて良い眺めですね。
新潟って土地はすごいな、っていつもわらさんのみて思います。
達成感ものすごいんだろうな~。

17kgザックで10時間!
ますますパワーアップしてますね(*^_^*)
私は今はもう10kgまでしか背負えなくなりました・・(泣)
Commented by doudekka at 2017-05-11 23:43
> cyu2さん
cyu2さんも登った粟ヶ岳の奥の山です。粟ヶ岳を含めここから福島にかけた山域を川内山塊と呼ぶんだけど、この一帯はヒルが出るので暖かくなると人も入らないのね。

こんな人を拒んでいる山の中にわざわざ入って行くってどーかしてるよね。


17キロ、担げたのは、新しいザックのおかげです。ザックの進化に驚きました。(^_^)
by doudekka | 2017-05-08 14:03 | 2017年の山 | Trackback | Comments(4)

わらと申します。新潟発、ヤマノボリの記録です。山の話でもdouでっか。\(^^)/


by わら
プロフィールを見る
画像一覧